So-net無料ブログ作成

情報的死 [SFネタ]

エントロピーはようするにとり得る”場合の数”。
可能性世界数=エントロピー。

だからエントロピーは時間が経てば経つほど増加していく。

もし時間移動できて過去に戻ったとしても
主観的なエントロピーは減少したりしない。

主観において"場合の数"は減少しない。
"ifの世界"は時間が経てば経つほど、
どんどん増えていく。

過去に戻って何かしても
"歴史を変えた今の自分"と
”歴史を変えなかった今の自分”の
分岐ができるだけだ。

生物学的に永遠だったとしても
この主観的なエントロピーの増大を
どうにかしない限りいずれ"情報的死"に
到達する。


以上、飛躍し過ぎ?
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。