So-net無料ブログ作成
検索選択

情報的死 [SFネタ]

エントロピーはようするにとり得る”場合の数”。
可能性世界数=エントロピー。

だからエントロピーは時間が経てば経つほど増加していく。

もし時間移動できて過去に戻ったとしても
主観的なエントロピーは減少したりしない。

主観において"場合の数"は減少しない。
"ifの世界"は時間が経てば経つほど、
どんどん増えていく。

過去に戻って何かしても
"歴史を変えた今の自分"と
”歴史を変えなかった今の自分”の
分岐ができるだけだ。

生物学的に永遠だったとしても
この主観的なエントロピーの増大を
どうにかしない限りいずれ"情報的死"に
到達する。


以上、飛躍し過ぎ?
nice!(0)  コメント(0) 

希望と絶望間の相転移 [SFネタ]

※あいまいな記憶に基づく知識でで走り書きしたものなのでご容赦


希望と絶望間の相転移は
エントロピー増大の法則を覆すことができるか。


エントロピーとは物事の状態変化を定量化するための単位。
日本語に無理やり訳すなら乱雑さ。

熱したコーヒーに氷を投入すれば
コーヒーはやがて冷め、氷は解けてなくなってしまう。
この事象をエントロピーが増大したと言い、
その逆の事象は確率論的に起こりえないことを
示しているのが熱力学第二法則。
(起こらないわけじゃない。起こるかもしれないがそれは
150億年に一度とかそういう確率らしい)

系の外から仕事を加えてやら無い限り、
その系内のエントロピーは増大し続けやがて
完全な平衡状態に陥る。

私たちの宇宙も同じくいつかは
完全な平衡状態=熱的死
に辿り着くのだ。

「まどか☆マギカ」ではそれを防ぐために
きゅうべえことインキュベーターが活動している、
という設定らしい。


閑話休題。


希望と絶望の相転移でエントロピーは減少するのか。

エントロピーの変化とはいわば情報のやりとりだ。
エネルギーの移り変わりはその投影でしかない。

希望、絶望といった感情はすなわち”情報”であり、
そのやりとりだけでエントロピーが減少することは
ありえない。

個人の感情という閉じた系での話ならば減少する
可能性はある。しかしながらそれは系の外から
仕事が与えられたからである。
絶望に沈むようなありったけの情報をだ。

その情報が同じ宇宙内からもたらされたもので
あれば結局宇宙全体のエントロピーは増大するのみで、
減少などしない。


結論

希望と絶望の相転移ではエントロピーは減少しない。
但し、限定した系の中では減少することはある。




思いついたことをつらつらと書いただけだけど、
どうでしょう?あってる?
nice!(0)  コメント(0) 

時間移動(2) [SFネタ]

"今"この瞬間に自分がここにいることを認識できるということは
位置情報が確定していると取れる。

不確定性原理より、位置が確定しているときは時間があいまいになる。
すなわち、"今"が過去、現在、未来のどれなのか不確定な状態となる。


時間移動をしようとする。
その瞬間に"今"が現在であることが確定する。
すると位置情報が不確定となる。


位置情報が不確定になると、どうなる?う~ん?
nice!(0)  コメント(0) 

時間移動(1) [SFネタ]

徒然。


そこに4次元空間が認識できるとして。
時間軸を移動した後、過去(未来)の自分と会うことができるか。

他の次元ではいくら移動しても別の自分と出会うことはない。
その空間に存在する自分はひとつしかないから。

時間軸が他の3次元と同じ性質なら、
いくら時間軸を移動しても別の自分に出会うことは無い。
なぜならその4次元空間に存在する自分は一人だから。


う~ん、、こじつけ?
まあでもこういうのが別のアイデアに繋がることもあるよね。

時間軸が他の次元と同じ性質ってのが無理あるかも。
不確定性原理?も絡んでくる?

次回、徒然。
nice!(0)  コメント(0) 

新規カテゴリ:SFネタ [SFネタ]

今後のためにいろいろ集めておかないとね~

興味あるモノとしては
・時間移動
・軌道エレベータ
・仮想現実及び拡張現実

うむ。
とりあえずは継続できるといいなぁ
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。